ホーム > リノベのあれこれ > リノベのネタ帳 > 鉢植え?切り枝?ハンギング?植物でお家をもっと素敵に

リノベのネタ帳 BLOG

鉢植え?切り枝?ハンギング?植物でお家をもっと素敵に

2019年6月2日(S)
「お家をリノベしたら飾りたいもの」の一番に出てくるのがグリーン。日当たりよく、広くなったリビングで、緑の葉っぱを気持ちよさそうに広げる植物たち・・・空間を心地よく整え、癒し効果もあります。では、どんなものを選べばいいの?飾り方は?の疑問にお応えして、リノベの先輩たちのグリーンを見せていただきました。


大きな鉢植えは、置くだけで存在感抜群
大きな鉢植えは、置くだけで存在感抜群|リビングダイニング
造作の収納やソファに、トルコのランプが映えるこちらのお家に置かれているのは、エバーフレッシュの大きな鉢植え。
濃い緑の繊細な葉がお部屋をイキイキした雰囲気にしてくれます。
日光が大好きなエバーフレッシュには、明るいリビングの窓際がベストポジションです。
ネムノキ科で、夜は葉を閉じるというのもカワイイですね。

大きな鉢植えは、置くだけで存在感抜群|LDK
キッチン側に置いたのは、中サイズのウンベラータ。
こちらも人気のグリーンで、カフェなどでもよく見かけますね。
大きな薄緑色の葉が光を透かしてキレイ。
このように、大きめの鉢植えをふたつ置くときは、葉の色や形が違うものを選ぶとメリハリが出て素敵です。
→事例No.649 ~Exotic Turkey~トルコの異国情緒を楽しんで。


リビングのシンボルツリー!真ん中に置いてみる
リビングのシンボルツリー!真ん中に置いてみる|LDK 1
続いてもウンベラータ。
大きな鉢植えを広いリビングに置くだけで、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。

リビングのシンボルツリー!真ん中に置いてみる|LDK 2
窓や壁に寄せて置くことが多い鉢植えですが、こちらのお家はリビングの中心寄りに置いています。
ただ飾っている、ではなくシンボルツリーのように、グリーンが主役のインテリアに。
リノベしたからこそ!のグリーンの飾り方ですね。
→事例No.630 余白がつくり出す、ゆとりの空間


中サイズの鉢を、いくつも飾って楽しむ
中サイズの鉢を、いくつも飾って楽しむ |LDK 1
ロフトやダウンフロアのダイニングなど、立体的に構成されたお家です。
モンステラの中サイズと、葉がくるくるしているのはフィスカス・ベンジャミン・バロックでしょうか?

中サイズの鉢を、いくつも飾って楽しむ |LDK 2
ロフトにはドラセナも。
やはり色々な樹形、葉の形のものを選んで、変化を楽しんでいます。
大きな鉢よりも動かしやすいので、お家の様々な場所に飾ったり、様子を見て入れ替えるのも簡単。
階段のある1戸建てのお家でグリーンを楽しむなら、このサイズは飾りやすくてオススメです。
→事例No.628 幼き日の原風景を切り取って…


小さいものを並べて、窓際をミニガーデンに
小さいものを並べて、窓際をミニガーデンに|ダイニングキッチン
もちろん、ちょっとしたコーナーに飾るという方法もあります。

小さいものを並べて、窓際をミニガーデンに|LDK
リビングの窓際に造作の出窓風デスクをつくり、そのそばにグリーンを並べました。

小さいものを並べて、窓際をミニガーデンに|LDK 2
小さくても、キッチンからも眺められて、目に少し緑が入るだけで気持ちが変わります。
日当たりがいいので植物たちも気持ちよさそう。
グリーン初心者さんは、まずはこんなかたちでグリーンを取り入れるのもいいかもしれません。
→事例No.558 憧れの室内窓で開放的なLDKを実現


エラーブランツと枝生けなら土なしで飾れる
グリーンは好きだけど、お家の中に土を持ち込むのはちょっと・・・という方も当然いらっしゃいます。
そんな方には、エラーブランツと、枝を花瓶に生ける方法をどうぞ。

エラーブランツと枝生けなら土なしで飾れる|ダイニングキッチン
エラーブランツと枝生けなら土なしで飾れる|キッチン
キッチンカウンターに生けているのは、ユーカリの枝もの。
花屋さんでカットせず大きいまま買ってきて生けます。
これだけでかなりの存在感。
お花よりも長持ちで、ユーカリは空気を清浄にしてくれます。
リースなどにもよく使われていますね。
天井から吊るしたカゴと、ダイニングテーブルにはエアプランツが。
こちらも土要らずで楽しむことができ、軽いのでお家の色んな場所に飾ることができます。
エラーブランツと枝生けなら土なしで飾れる|LDK
グリーンではありませんが、こちらのお家、テレビの横にはドライフラワーが。
水を置きたくない場所には、こんな形で植物を飾ることもできるんですね。
→事例No.601 光と風の通り道


物干し用アイアンに、マクラメ編みのハンギング
リビングの窓に、物干し用のアイアンを造作したお家です。
ベランダから取り込んだ洗濯ものをかけたり、部屋干しに便利ですが、植物を飾ることもできます。

物干し用アイアンに、マクラメ編みのハンギング|LDK

物干し用アイアンに、マクラメ編みのハンギング|LDK 2
アイビーのような葉の垂れ下がるものは、このようなハンギングで飾るととても映えます。

木綿の紐でマクラメ編みされたハンギングプランター
木綿の紐でマクラメ編みされたハンギングプランターもカワイイ!
素朴な雰囲気で、グリーンにぴったり。
小さいお子さんがいるお家にも、鉢を倒してしまう心配のないハンギングはいいですね。
お水やりはベランダなどに出して、しっかり乾いてから室内に取り込みましょう。
→事例No.629 インテリアも、暮らしやすさも


安定感重視なら、柱に沿わせてハンギング
安定感重視なら、柱に沿わせてハンギング|LDK 1
ハンギングに挑戦したいけど、頭をぶつけそうでちょっと怖いかも、という方にはこんな方法はいかがでしょうか。
キッチンカウンターの柱に沿ってハンギングしています。

安定感重視なら、柱に沿わせてハンギング|LDK 2
葉も柱に沿わせて誘導して留めていますね。
ツタの巻き付いた木のようにも見え、グリーンを立体的に飾ることができます。
→事例No.644 大好きな絵本をゆっくり愉しむ


まとめ
観葉植物として販売されているものは、基本は日当たりと風通しのよい場所が大好きです。リビングの窓際が特等席ですが、時々ベランダに出したり、居心地の良い場所を探してあげてください。真夏と真冬は成長をお休みするものも多いので、お水や肥料も控えめに。こまめに様子を見て、元気がなかったら場所を移すなどして様子をみましょう。お家に迎えるなら、一番元気のいい4~5月ごろがオススメ!どんどん新芽が出てくる姿に愛着がわきます。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest