和のしつらえを残しながらのほぼフルリノベ。戸建て2世帯改修リノベ見学会!

2019年7月29日(M)
ようやく関東地方も梅雨明け。そんな梅雨明け間近だった先週土曜日、築古戸建てを2世帯へと改修したお住まいの現場見学会を開催。
うだるような暑さにも関わらず、多くの人にご来場いただき隅々までじっくりご覧いただきました。

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 様子スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 様子
築47年のご実家を2世帯で暮らすためにリノベーションされた今回のお住まい。思い入れのある既存の設えも残しながら、2世帯が程よい距離感で暮らせる工夫がたくさん。耐震補強や断熱工事で住宅性能もアップし快適に安心して暮らせる住まいになっていました。
それでは今回のお住まいの見所をご紹介します。

1.47年経ってもひとつのゆがみも無かった木製建具枠を活かした和室
今回のお住まい、ほぼフルリノベーションですが、1部屋だけほぼ既存のまま残しています。それがこちらの和室。

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 和室スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 和室
畳の表替えはしていますが、それ以外は既存のまま。その既存和室に合わせて手前の部屋の建具も工夫しています。

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 建具
建具上部の枠を長押のようにあえて柱までいっぱいに伸ばして設置。色味も既存の長押にあわせて塗装しています。

2.既存のガラスを再利用。チェックガラスがおしゃれな造作建具

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 建具
スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 建具 Beforeスタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 建具
玄関入ってすぐの建具には以前使われていた欄間のガラスをはめ込んでいます。新しく造作した建具にレトロなチェッカーガラスが自然で、レトロ好きにはたまりません!
この建具、カタチが幅広でガラスの位置がセンターからずれているのは、玄関入って右手にアンティークの収納を置く予定だからとのこと。その棚を置くと開口のちょうど真ん中にガラスが合うようになるそう。そんな家具の配置も踏まえたプランはリノベならではですね。

3.2階の子世帯は広々1LDK

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 子世帯 LDK
今回のお住まいは2世帯住宅ですが、玄関・浴室は共用。2階はシンプルなキッチンのある1LDKになっています。

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 子世帯スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 子世帯
個室は2ヵ所から入ることができ、将来お子さんが成長したら2つに分けてそれぞれの入り口から入れるように、と配慮もされています。
個室の窓とLDKの掃き出し窓を開けると風が通ってとても心地よい場所でした。

スタッフブログ|戸建て 2世帯 リノベ 見学会 子世帯

次回は横浜市港南区で2×4工法で建てられた戸建てをリノベーションした事例をご見学いただけます。2×4のお家は壁で支える構造上、間取り変更が難しいといわれていますが、きちんと構造を把握し必要な補強をすることで間取りの変更も可能。こちらのお住まいも細切れに分割されていた部屋をつなげて広々LDKを実現しています。
2×4の家でもこんなに変わる!をリアルに見ていただける機会です。ぜひご来場ください。
詳細・ご予約はこちら:家時間を大切にする家族のリノベーション

 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest