0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)

聴く&奏でるが日常♪趣味を楽しむ憧れリノベ【音楽編】

2021年4月11日(S)
暮らしやすさやデザインはもちろん「好きなことをめいっぱい楽しみたい!」というのもリノベーションのステキな目的です。
今回は音楽♪リノベで、音楽鑑賞や演奏をさらに楽しめる環境を手に入れた例をご紹介します。「No music, no life」な人なら、きっとうらやましくなってしまうはず!

 

王道♪リビングの一角にオーディオコーナー



オーディオコーナー自体はすでにある、という音楽好きの方も多いはず。
リノベーションならこんな風につくれます!という例をご紹介します。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
マンションで、リビングに隣接していた洋室をつなげて、広々としたLDKに。
奥がもともと個室だったスペースです。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
クロスをはがし、コンクリートにモルタルを塗った壁がカッコいい一角。
レコードコレクションがすっきりと収まる棚を造作して、オーディオコーナーにしました。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
まるでショップのようなこのピッタリ感は、やはり造作ならでは。
既存のコンセントをいかしつつ、レコードプレイヤーやアンプの配線が外に見えないようにひき込んですっきり。
リビングの一角なら、音楽のある日常がさらに身近なものになりそうです。

上記事例詳細はこちらから
No.623 好きなレコードを楽しみ、家族が集まるLDK

 

オーディオコーナー+デスクで、音楽に囲まれたテレワークを


つづいては戸建てリノベです。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
和室と納戸の一部を取り込んで、L字型のLDKをつくっています。
もと和室であるダイニング部分の壁をオーディオコーナーに。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
壁には1000枚以上のCD、カウンター下にはレコードと、この収まりはやはり造作だからこそ。
一角にはデスクも造作して、音楽に囲まれてお仕事やPC作業もできます。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
CD棚には溝を作って、ジャケットを見せながらしまえる仕様に。
お気に入りのデザインのものや、その時にかけているCDを立てるのもいいですね。

上記事例詳細はこちらから
No.726 Indoor&Outdoor~うちでも外でも目いっぱい楽しく~

 

前住人がピアノを置いていた部屋をプライベートスタジオに


ここからは、実際に楽器の演奏もできるリノベーション例をご紹介します。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
ご家族でピアノやギター、ドラムなどの楽器演奏を楽しむというお客様。
リビングの隣に、防音機能を備えたプライベートスタジオをつくりました。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
ここは、以前に住んでいた方が、グランドピアノを置いていた和室だったそう。
二重サッシとなっていたためそのままいかし、新たに天井に吸音材を貼っています。
アップライトピアノを置いているのは、もとは押し入れだった部分。
完全な防音室ではないものの、音の反響と外への音漏れはしっかり防いでいます。

上記事例詳細はこちらから
No.651 mixtual music & materials

 

二世帯住宅の子世帯に、演奏が楽しめる防音室を


つづいては二世帯住宅のリノベーションです。
完全同居型でしたが、子世帯である2階にもお客様が呼べるLDKを新設しました。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
個室2室をまとめて広々としたLDKに。
タイルを使ったキッチンや室内窓、ブランコなど、こだわりがちりばめられた空間です。
奥のガラスの向こうが、納戸だったスペースに防音対策を施した音楽室。


遮音シートや防音用のインナーサッシを設置して音漏れを防いでいます。
クラシカルな花柄のクロスが、演奏するときの優雅な気分を盛り上げてくれそうですね。

上記事例詳細はこちらから
No.724 リビングは子どものアトリエ

 

マンションでも!必要があれば専門業者の防音工事も


最後はマンションに音楽室をつくったおうちをご紹介します。
娘さんのピアノや、ご主人の趣味のギターを心おきなく練習できる場所が欲しいとのご希望でした。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
そこで、スタイル工房から防音設備の会社をご紹介。
充分な遮音性が得られる防音室を実現しました。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
内装はスタイル工房が引き継いで、お客様の好みを反映したデザインでリノベーションしました。
たくさんのCDやレコードをすっきり収納するために、リビングにTVボードを兼ねたベンチタイプの収納を造作。

リノベのネタ帳|趣味 音楽
レコードプレイヤーもこのとおり、ぴったりと収まっています。
まさに、聴くのも演奏するのも自由自在の、音楽好きのための空間ができあがりました。

上記事例詳細はこちらから
No.608 音が溢れるリビング

 

まとめ


CDやレコードは、置きたいものの量をあらかじめ把握しておくことがすっきりしたオーディオコーナーづくりにつながります。演奏のための防音工事がどの程度必要かは、周辺環境はもちろん、楽器の種類や演奏する時間・人数などでも変わってきます。
マンションの場合は規約なども確認する必要があります。おうちでも楽器の演奏を考えられている方は、予算等も含めて早めにご相談ください。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest