0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)

自在に光を通す建材!「グレーチング」をご存じですか?

2021年4月25日(S)
住宅密集地など、採光が十分ではない場所でのリノベーションに活躍中の建材「グレーチング」。側溝などの蓋になっている網状の金属、といえば「ああアレね」となるのではないでしょうか。
最近はFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製の軽く半透明のグレーチングも生まれ、ますます活躍の幅が広がりました。どんなふうに使われているのか、施工例をご紹介します。

 

天井に使って、1階リビングを明るく


最初は、お祖母さまから譲り受けたおうちを住み継いだリノベーションです。
想い出深い家の面影をなるべく残しながら、住みやすいおうちにしたいとのご希望でした。

リノベのネタ帳|グレーチング
課題は、三方を隣家に囲まれた住宅密集地であること。
このような場合、1階から2階にLDKを移すことが多いのですが、雰囲気や使い勝手はかなり変わってしまいます。
そこで、LDKは1階のまま、和室1室分のスペースを取り込んで天井にグレーチングを設置しました。

リノベのネタ帳|グレーチング
これなら、2階床から採光を得ることができます。

リノベのネタ帳|グレーチング
1階には和室をひとつ残し、欄間を移設して懐かしい「おばあちゃんの家」の面影を。
照明や建具の昭和レトロなイメージともうまく馴染んでいます。

リノベのネタ帳|グレーチング
2階部分はこんな感じで、窓のそばにつくったのでリビングまで光を存分に届けます。
強度も十分で、周りの床にはクッション性の高いコルクタイルを敷きました。

上記事例詳細はこちらから
No.698 やさしい光が注ぐ 和やかな時間

 

使いやすい1階LDKへの移設にも大活躍


採光の面では2階LDKが主流ですが、住みやすさやバリアフリーを考えて1階LDKを選ばれるおうちもあります。

リノベのネタ帳|グレーチング
こちらもその一例で、2階にあったLDKを1階に移し、2階をプライベートな場所としました。
宅急便が来た時などもすぐに出ることができ、家事動線がスムーズなのも1階リビングのメリットです。

リノベのネタ帳|グレーチング
お隣の建物が近く、暗さを心配されていましたが、天井の一部をグレーチングにすることでこの通り。

リノベのネタ帳|グレーチング
家で最も明るい場所である2階部分の天井には、うんていを設置。
家族で楽しく使える&運動ができるフリースペースとして使っています。
ブルーの塗装もアクセントになり、グレーチングの質感とも合っていますね。

上記事例詳細はこちらから
No.745 家族の時間を育んで

 

グレーチングで光も仲良く分け合う2世帯住宅


水まわりや玄関を共有しながら、3世代が暮らすおうちです。
それまでは1階キッチン横の茶の間をご両親の寝室として使っていたため、なにかと不便を感じていたそう。

リノベのネタ帳|グレーチング
そこで、1階に共用のキッチンとLDをつくり、階段で2階のセカンドリビングとつなげました。
1階でも、2階のグレーチング床から光が降り注ぎ、この明るさ。

リノベのネタ帳|グレーチング
2階のセカンドリビングはこのような感じで、階段を中心に子どもたちものびのび遊べます。

リノベのネタ帳|グレーチング
半透明のグレーチングは無垢床とも違和感なく、ガラスブロックのような感覚で使えます。
天井には先ほどのおうちと同じうんてい、こちらはブラックを設置していますね。
棚板の高さを変えられる収納棚もたっぷりつくり、家具を置かなくてもすっきり暮らすことができます。

上記事例詳細はこちらから
No.717 3世代の思いをつつみこむ家

 

床だけじゃなく、階段の踏み板に使うことも


軽くて丈夫なグレーチングは、床以外の場所に使ってもOK。

リノベのネタ帳|グレーチング
こちらは階段の踏み板のグレーチングを使用した例。
都心にあり、周りを高い建物に囲まれていたため、やはり採光が課題のリノベーションでした。

リノベのネタ帳|グレーチング
スケルトン階段+グレーチングの組み合わせで、上からも横からも光を通します。
階段ホールが吹き抜けのように伸びやかな空間になりました。

リノベのネタ帳|グレーチング
アップにするとこんな感じで、しっかり固定されているのが分かります。
イエローの壁の色を通して、元気になれそうな空間づくりにひと役かっていますね。

上記事例詳細はこちらから
No.631 壁を生かし…Colorfull!

 

さらに真価発揮!外でも使えるグレーチング素材


最後は屋外に施工した例をご紹介します。
お母様の介護のために、実家への同居を決められたお客様。
介護する側、される側どちらも心地よく暮らすためのリノベーションです。

リノベのネタ帳|グレーチング
1階にお母様の部屋を移し、みんなで食事ができるゆったりとしたダイニングキッチンも1階に。
南側ではあるものの、家の真ん中に位置するため、やや陽当りが心配でした。

リノベのネタ帳|グレーチング
そこで、駐車スペース上部の2階バルコニー床をグレーチングに。
庇のように光をさえぎらないので、1階の奥まった部屋にも光が届きます。

リノベのネタ帳|グレーチング
網のように空いているタイプを選んだので、バルコニーに雨どいをつける必要もありません。
もともと屋外用の建材ということで耐久性もしっかりあり、快適に使うことができます。

上記事例詳細はこちらから
No.157 介護のある暮らし 緑とたっぷりの光のある住まい

 

まとめ


これまでは屋外で使われていた素材を内装に使ったり、さらに使い勝手よく商品開発が行われたりと、リノベーションの現場もどんどん進化しています。モルタルに見える塗装材「モールテックス」なども、インダストリアル風インテリアの定番化にともない、内装用としてすっかり一般的になりましたね。
「こういうのどこかで見たんですけど…」「これってアリですか?」etc、少しでも気になったことはプランナーにどんどん質問してください。思いもよらないアイデアが生まれてくることがあります。リノベーションの過程も楽しみながら、お気に入りの暮らしを一緒につくっていきましょう!
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest