リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > リノベのあれこれ > スタッフブログ > 6月9日(土) 戸建リノベーション完成現場見学会を開催しました!

スタッフブログ BLOG

6月9日(土) 戸建リノベーション完成現場見学会を開催しました!

2018年06月11日(月)
先週末に開催した戸建リノベーションの完成現場見学会の様子をご報告いたします!
今回はご両親から受け継いだ築30年の戸建をリノベーションしたお住まい。
186㎡というとても広いお住まいをご両親の暮らされていた住まいの趣きを残しながら、自分たちのライフスタイルに合わせたお住まいへと改修されました。

現場見学会の様子|キッチン現場見学会の様子|個室
今回も多くのお客様にご来場いただき、既存を残しながら新しい素材と違和感無くあわせていく工夫を楽しんでいただけたかな。と思います。

見どころ1:断熱改修で快適に暮らせる住まいに

現場見学会の見どころ|窓(断熱改修)
今回のお施主様から最初にご相談いただいた際「断熱改修をしたい」というご希望がありました。そこで1階をメインに断熱改修を実施。特に熱の出入りが大きい大きなサッシは全て断熱性の高い複合ガラスのサッシに交換しています。
 
見どころ2: より暮らしやすい間取りづくり

現場見学会の見どころ|明るいLDK現場見学会の見どころ|広々LDK
キッチン・ダイニングに光が全く入らない細かく仕切られた間取りから不要な壁を取り、庭を眺めながら料理が出来るオープンなキッチンに。明るく広々として風通しが良いLDKになりました。
小さなお子さんたちは嬉しそうに走り回ってその広さを楽しんでくれたようです。

見どころ3:既存部分を新しい素材と調和させる工夫

現場見学会の見どころ|既存の和室現場見学会の見どころ|既存の和室
古いものは古いなりの良さがあってほしい。全てを新しく変えるのではなく、使える部分はそのまま残して生かしたい。というご希望から、LDKの1画には以前の和室をそのまま残しています。室内のじゅらく壁は老朽化でぼろぼろと崩れている状態だった為、珪藻土左官にし、LDKの調湿も兼ねられるように。

現場見学会の見どころ|既存階段とクロス
階段も既存をそのまま再利用。クロスをあえて濃い色の布目調クロスにすることで、どこかで見たことがある懐かしい階段がぐんとおしゃれで上質な雰囲気になりました。

2階の和室は入り口部分だけ改装し、畳の表替えと障子紙の張り替え以外はあえてそのままに。広いお住まいですので、優先順位をつけ改修したいところとしなくてもいいところのメリハリをつけた住まいづくりの参考例になっています。

見どころ4:DIYを楽しみたい!あえて内装仕上げをしない部屋

現場見学会の見どころ|内装仕上げをしない部屋
1階玄関のすぐ脇にあるお部屋の壁はラーチ合板貼りのままに。これはDIY好きなお施主様の「自分たちで塗装・クロス張りなどを自分で行い住まいづくりを楽しみたい!」というご希望から。この部屋がこれからどんな風に変わっていくのかとても楽しみですね。


元々のおうちの趣きを生かし、ライフスタイルに合わせてより暮らしやすくした今回のお住まい。ご来場いただいた多くの方から参考になった。という嬉しいお言葉をいただきました。

現場見学会の様子|スタッフの勉強
社内スタッフもあいまを縫って見学に来ており、既存の生かし方をたっぷり勉強していたようです。お客様だけでなくスタッフにとっても勉強になった現場見学会でした。

完成したばかりのお住まいを現場見学会会場とすることにご承諾くださったお施主様、本当にありがとうございました。

次回の見学会はマンションリノベを予定しています。詳細が決まり次第イベントページにてご案内いたしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest