リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 費用のこと

費用のことABOUT COST

「大体の工事金額が知りたいのです。」

question

お電話での問い合わせや相談にいらっしゃったお客様からよく出てくるこの質問。
でも最初の段階ではなんともお答えできません。
それは築年数の違い、工法、どれぐらい傷んでいるか。によって変わってくるから。
どこまでの範囲で、どのようにしたいか、が違い、スタイル工房はあえてパッケージメニューを作っていないので、一概に「○○万円ぐらい」と言えないのです。

ただ、メニューがない時価のお寿司屋さんには入りにくいように、予算がある以上「まったく金額がわからない」じゃ不安ですよね。
そこで戸建とマンションそれぞれの平米あたりの工事費を築年数別に表にしてみました。

築年数別グラフ

安全✕省エネ=長持ちの家

安全

「せっかくリノベーションをするなら」と、色々やりたいことはあると思いますが、築年数が経っているお家の「やらなければならないこと」それは、「安心」と「省エネ」のための工事で、長持ちする家、快適な家に欠かせません。

建築基準法は、過去大地震が起きるたびに見直され、改正されてきました。
省エネ法は、2020年に義務化されますがスタイル工房ではすでに「次世代省エネ基準」を採用しています。

耐震や省エネには表のように、時代の流れのなかで変遷があり、築年数が経過している住宅は今の基準に合わせると、費用が上がってしまいます。
家族の暮らしを守る家。安心にずっと暮らせていくことが重要です。

「私の予算の中で、どれくらいのリノベーションができるのかが知りたいのです。」

どれくらいかかるかはわからないけれど、リノベーションにかけられる予算はだいたい決まっている。この予算の中で、「できること」「できないこと」「絶対変えたいこと」「できるならやりたいこと」どこまで叶えられるのかって気になりますよね。例えば70㎡前後のマンションと戸建て。。。予算の違いでどこまでできるのかをシミュレーションをしてみました。

マンションの場合 マンションの場合 マンションbefore マンション1200万円 マンション1200万円 マンション980万円 マンション980万円 戸建ての場合 戸建ての場合 戸建てbefore 戸建て1700万円 戸建て1700万円 戸建て1400万円 戸建て1400万円

現在お住いの家、物件購入して住み替える家、実家を二世帯にするなど、家の築年数と工法の違いもさることながらお客様のご事情と解決したいポイントは様々です。「だけど限られた予算で納得できるリノベーションがしたい。」は当然の事です。

スタイル工房は、建築士の資格を持ったプランナーが、「こんな考え方もありますよ」
「こうしてみたらどうでしょう」と知恵を絞り、経験豊富な引出しから提案させていただきます。

また長い人生、住まいづくりだけでなく、
教育費、老後の貯蓄、介護のことなど、ライフプラン・マネープランとのバランスも重要。

「こんなことできないんじゃないの。」
「予算が足りないから相談しても。」とあきらめないでください。
この、希望と予算の間にある溝を埋めるのが、スタイル工房。

・プランナーの知恵、経験からの提案
・素材のセレクト
・工事範囲
・工事時期
・マネープランの相談
お客様に寄り添い、一緒に悩み検討し、
取捨選択を繰り返して、理想のお住まいをつくっていきます。

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest