ホーム > 採用情報 > おしごと インタビュー

おしごと インタビュー INTERVIEW

コンシュルジュ 石原 (2016年4月入社)

コンシュルジュ  石原

チラシを見ながら、くらしを想像していた子ども時代

私は大学を出た後、地元の憧れだったデザイナーズカフェに就職して、そこで接客・料理・店舗デザインとライフスタイルに関わる仕事に携わっていました。ものづくりを仕事にしていた両親の影響もあってか、自然と衣食住に関わることに興味を持つようになって。

小さい頃から、住宅の折込チラシを見ながら「この家に住んだら、ここが私の部屋で、ここで料理をして…」とくらしを想像するのが密かな楽しみでした。PCで建築や住宅をいつものように思いをめぐらせながら「この部屋ステキだな」と見ていたのが、スタイル工房のHPでした。

“未経験からでも、応募OK”という求人ページを見かけ、ちょうど転職を考え始めていた矢先の事だったので、これは何かのご縁だ!と思い、応募ボタンを押し、面接を受けて晴れて採用される事になりました。

コンシェルジュは、部活のマネージャーのような存在

ショールームに来てくださるお客様の接客や電話・メール対応をする事が、私たちの重要な役割です。合わせて、社内の住宅プランニングを行うプランナーや設計士、現場の施工管理スタッフが働きやすい環境づくりをする事も大切な役割です。

広報のサポートや現場見学会の運営、提案資料や契約書類、申請業務書類の作成、など、仕事が多岐に渡るコンシェルジュは、例えるなら部活のマネージャーのような存在。学生時代から人をサポートするポジションにつくことが多かった私には、向いている仕事だと感じています。

お客様と長くおつきあいできる仕事

“理想のおうちをつくりたい”という夢を持って来てくださったお客様に対して、プランナーがアイデアを出して、カタチにしていく場に同席できること、そして現場見学会等で、理想が実現したおうちを、また次の夢をもったお客様にご案内することができるのは、コンシェルジュの特権でもあります。

住まいづくりは、完成が終わりではなく、メンテナンスや模様替え等、その後も長くお付き合いしていく仕事。目の前の人の生活をより良くしていくお手伝いができる、とてもやりがいのある仕事だと思います。

インタビュー:2016年10月

採用情報TOPに戻る RECRUIT 採用情報ページ TOPへ

← 募集要項(正社員契約社員)へ

← 募集要項(パート)へ

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest