リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 採用情報 > おしごと インタビュー

おしごと インタビュー INTERVIEW

アシスタントプランナー 田邉大輔(インテリアコーディネーター)

アシスタントプランナー 田邉大輔(インテリアコーディネーター)

お客様の想いを大切にするスタイル工房

スタイル工房に入社を決めたのは、得意分野を押し付けるのではなく、お客様の想いに寄り添いながら、夢を実現していくワークスタイルに共感したからです。 以前は、カーテンメーカーで働いていましたが、カーテンを売ることはできても、部屋にインテリアがそろったシーンを見ることができませんでした。建築の会社に入ってよかったと感じるのは、プランニングだけでなく、施工、お引渡しにも立ち会えることです。みんなで協力してつくり上げた住まいを見て、お客様が喜んでいる姿を見られるのは大きなやりがいですね。

ご家族のライフスタイルに合わせて、内装・インテリアを提案

当社のアシスタントプランナーの仕事は、プロジェクトリーダーであるプランナーとお客様が決めたプランができてからのスタートとなります。プランをベースに、お客様とともに内装・インテリアを企画・決定するのが第一段階。その後、CADでつくった図面を元に現場監督や職人さんにイメージを伝え、施工の立ち会い・確認、お引き渡しまでが主な業務です。

リノベーションの場合、内装・インテリアをコーディネートするだけでなく、建築的なおさまりも覚えていかなくてはいけません。 また、一流のプランナーについて、新しい知識や経験を得られるのはいい環境だと感じています。

プロとして、漠然とした希望やイメージをカタチに

中学生の頃、実家が引っ越した際に、自分の部屋の「壁紙、建具、フローリング、じゅうたんを選んでいい」と言われて、インテリアコーディネーターの人と話しながら決めていきました。図面で話していたことが、実際の部屋になったのを見た時。多感な時期だったもこともあってか、とても感動したことを覚えています。

インテリアのプロとして、お客様が持っている漠然とした希望やイメージをカタチにしていきたい。(可能なかぎり)想像以上の部屋にしてあげたい。あの頃、憧れた職業につけたことに感謝しながら、これからもお客様といっしょに住まいをつくっていきたいですね。

事例に戻る RECRUIT 採用情報ページ TOPへ

← 募集要項へ

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest