リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 施工事例一覧 > 家族の思いやりがいっぱい

事例No.588家族の思いやりがいっぱい

介護されるお父さん、介護するお母さんが安らいで暮らせる住まいに

before
名前 I様邸
場所 神奈川県横浜市
建物種別 マンション
築年数 築 21 年
対象面積  78 ㎡
費用  820 万円
工期 2ヶ月
twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

☆お客様のご要望

Iさんご夫妻はお父さんの介護のために娘さんが住むマンションの近くに、築21年のマンションを購入されました。今までずっと家族で過ごしてこられた思い出の残るお住まいからのお引越し。急な環境の変化に戸惑わないで、お二人が安心して暮らせる住まいづくりをご希望でした。

☆プランニングのポイント

リビングに隣接した和室は、介護の幅を広げるためにフローリング貼りにして、間仕切りを取り払い、壁に引き込める4枚引き戸を新たに設置。素材は和紙調の割れないアクリルを使用し、閉めていても午後の日差しが柔らかくLDKに届きます。
また、隣に並ぶ納戸の入り口のアーチのデザインと合わせて、ずっとお住まいの家にあったデザインをモチーフに。「目に馴染むものがお父さんの安心感につながれば」とお打合せをし、懐かしさの残る雰囲気にしています。

お母さんが多くの時間を過ごされるキッチンは、壁を無くしてオープンに。L型からI型に変更し、収納棚付きのキッチンカウンターを造作。背面には家電収納も造作して収納量も格段にアップし、広めのキッチンは動きやすく使いやすい、明るい空間に生まれ変わりました。
キッチンの壁面タイルをはじめ、洗面台、バスルームはお母さんがお好きなグリーンをテーマカラーに。カーテンやマットなどもグリーンをセレクトして、爽やかなイメージで統一されています。

玄関にはお父さんが靴の脱ぎ履きを楽におこなえるようにベンチを造作。お父さんの動作を一つずつ確認、想像しながら機能面もしっかりと検討。さらに、水廻りと主寝室には調湿作用や消臭効果の高い珪藻土塗りを用いて、安心に加えて居心地の良さにも配慮。家中そこかしこに介護されるお父さんと介護するお母さんへの思いやりが感じられるお住まいが完成しました。
陽射しがたっぷりと入る広々としたリビングは、すっかりご主人のお気に入りに。窓から娘さんのマンションが見える位置にベットを置いて、新しい暮らしを快適に送られています。

☆工事内容

マンション内装改修工事 マンションリノベーション
・床:置床+ナラ材(オイル塗装)
・造作家具

プランナー:於保 誠之
コーディネートプランナー:鈴木
設計:山田
施工管理:松田 航

☆間取り図

twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest