menu
ホーム > 施工事例一覧 > タイルの彩りを添えて、上質な時間を楽しむ。

No.566タイルの彩りを添えて、上質な時間を楽しむ。

リノベするなら友人を招けるようなリビングにしたい。

before
名前 K様邸
場所 東京都
建物種別 戸建
築年数 築 17 年
対象面積  116 ㎡
Price -
工期 3.5ヶ月
twitter facebook

☆お客様のご要望

築17年の木造3階建て住宅をリフォーム前提で購入したKさん。自然素材を使いながら、家族の時間が楽しめる広々としたLDKがご希望でした。間取りを変更しながらも構造・耐震補強はしっかりと行い、お持ちの家具をコーディネートさせてご友人を招けるようなリビングにしたいとのことでした。また、大量の書籍をお持ちで、それらをスッキリと収めるスペースが必要でした。

☆プランニングのポイント

主寝室のある1階は、隣接する居室に仕切り壁を新たに設け、大量の蔵書が収まる書庫と大容量のウォークインクロゼットに。2階は壁付きキッチンの背後にあったユニットバスを撤去し、オープンな対面キッチンに変更しました。背面の空間は洗濯機置き場を備えた奥様のワークスペースに。アイロンやミシンなどもここで使えます。
LDは廊下の壁を取り払い、広く。また、構造上残さなければならない柱は不燃材を貼り、全体のインテリアに合わせて塗装で鉄骨柱に見えるように仕上げました。下がり天井には板貼りを施し、床色やインテリアに合わせた塗装で落ち着いた空間に。キッチンの立ち上がりにあしらった大判タイルのブルーが美しく調和しています。実はタイルの色選びではご夫婦の間で意見がくい違ったのですが、ご主人が選んだブルーに。仕上がりを見た奥さまは「悔しいけど、すごくいい!」と喜ばれていました。
「床は自然素材で」というご要望に応え、LDKにはアカシア材の無垢フローリングを。お住いの顔となる玄関ホールは、入ってすぐ格好良いと思われるような、ご友人にドヤ顔できる空間を目指し、インパクトのあるヘリンボーンフローリングを採り入れています。
書庫や家事室といった隠す収納とニッチやマガジンラックなどの見せる収納をうまく使い分け、空間をスッキリ見せている点もポイントとなっています。

☆工事内容

木造戸建内外装改修工事 戸建リノベーション
・床:ヘリンボーン(玄関ホール)、アカシア無垢材(LDK)
・造作収納:建具(一部)

プランナー:鈴木 ゆり子
アシスタントプランナー:田邉 大輔
施工管理:松田 航

お気に入りに追加する twitter facebook

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest