リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 施工事例一覧 > リビングから始まる1日

事例No.618リビングから始まる1日

それぞれが好きなことをしていても家族が一緒に過ごせるLDKに。

before
名前 K様邸
場所 神奈川県
建物種別 マンション
築年数 築 27 年
対象面積  83 ㎡
費用  1000 万円
工期 2ヶ月
twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

☆中古リノベにした理由

もともと奥様のご両親が所有するマンションにお住まいでした。家族構成が変わったこともあり、当初はそのマンションをリノベーションして暮らしやすいお住まいにしようともお考えでしたが、いっそのこと住み替えて自分たちらしい住まいを持とうとリノベーションを前提とした中古購入を選ばれたそうです。ご長男が小学校に入学する前に引っ越しをしたいというご希望でした。

☆物件選びのポイント

戸建て・マンションにこだわらず、「希望が叶う物件であれば」というお話をいただきました。メインで利用される駅に一本で行ける路線沿線をご希望でしたので、その駅を中心に放射線状に広がるエリアで物件をご紹介し、利便性の高いマンションを気に入られてご購入にいたっています。

☆お客様のご要望

Kさんご夫妻は当社のワンストップサービスを利用して築27年のマンションを購入されました。部屋数は十分な物件でしたので、居室のひとつは家族全員分の衣類などが収まるウォークインクロゼットにしたいとお考えでした。暮らし方や家族が部屋にこもりきりにならない動線も大きなポイントに。空間デザインは、男前に寄りすぎず程よいヴィンテージ感が楽しめるお住まいにしたいというご相談でした。

☆プランニングのポイント

テーマ

  • 家族が自然とリビングに集まる空間配置
  • 家族全員分の衣服が収まる大型WICの新設
  • 程よいヴィンテージ感で飽きのこないデザインに

ポイント
玄関横に位置する居室は玄関とつながるSIC+WICに大変身。帰ってきて靴を脱ぎ、荷物を置いて、上着を掛けるまでの一連の動作がスムーズに行えます。水廻りやキッチンへのアクセスも良く、効率の良い家事動線となりました。
リビングはキッチンの位置をずらすことで広々とした空間を確保。居室の一部を取り込んだキッチンには大きなパントリーも生まれました。一部を削った居室は子ども部屋として使用。開口をリビング側に新たに設けたことで、部屋を出入りする際は必ず家族と顔を合わせられます。
リビングに隣接していた和室は撤去できない壁があったため、リビングとはつなげずに、洋室に変更して主寝室に。収納は押入れ機能を残しながら使い勝手良く再構成しています。
LDKの一角には趣味スペースとなるカウンターを設置。ご主人の趣味である音楽制作や子どもたちの勉強スペースにぴったり。それぞれが好きなことをしていても家族が一緒に過ごせるLDKを実現しています。
床はナラ無垢フローリングを、キッチンの立ち上がりには古材風の床材を貼って、素材感が楽しめるデザインに。アクセントクロスには濃いブルーを使って落ち着いた雰囲気も醸し出しています。キッチン脇に設えた室内窓は、アクセントとなるとともにキッチン周りの目隠しとしても効果を発揮。土間や洗面室などの個性的なタイル選びやデザインで、Kさんならではのお住まいを形作っています。

☆工事内容

マンション内装改修工事 マンションリノベーション

  • キッチン:TOTO
  • 床:ナラ無垢フローリング
  • 造作家具

プランナー:黒沢 拓也
アシスタントプランナー:両澤
設計:神田 智哉
施工管理:大平 祐輔

☆間取り図

twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest