0120-587-250営業時間:10:00〜18:00(火・水曜定休)
ホーム > 施工事例一覧 > 戸建リノベーション事例

事例No.693ずっと・・・もっと・・・家族の時間インダストリアル+和でつくる余白と包容力のある空間

ダイニング・キッチン|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
ダイニング・キッチン|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
ダイニング・キッチン|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
キッチン|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
キッチン・パントリー|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
LDK|東京都杉並区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
リビング|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
リビング|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
廊下・洗面|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
個室|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
室内干しスペース|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
ユーティリティ|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
階段|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
洗面室|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
トイレ|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
玄関|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
玄関|東京都練馬区 戸建てリフォーム・リノベーション事例
名前 K様邸
場所 東京都練馬区
建物種別 戸建
築年数 築 28 年
対象面積 約 115 ㎡
費用 約 2000 万円
工期 約 4ヶ月
before
お気に入りに追加する

「このキッチンが好き」が分かる人にリノベを頼みたい!

施工事例|ストーリー お客様インタビュー空き家になっていた親族所有のメゾネット。
築25年のこの家を、Kさん一家はリノベーションして住み継ぐことを決意されました。

家づくりのパートナーに選んだのは、エリアで一戸建ての実績が豊富なスタイル工房。
ホームページの実例を見て「いいな」と思ったこと、先にリノベしたご友人のおすすめが最初のきっかけでした。
さらに、「初めて訪ねたとき『ウッドワンのフレームキッチンが憧れ』とプランナーさんにお話ししたところ『分かります』って。こちらの好みが伝わった!と思いました」と奥様。
「この人となら、実現したいイメージを共有できそう」という思いが、背中を押してくれたといいます。

1階はパブリックなLDK。主役はもちろん、魅せるキッチン

リノベーションにあたっては「キッチンを最初に決めた」というほどこだわりのあった奥様。
木とアイアンを組み合わせたウッドワン社「フレームキッチン」は、ほどよいラフさと永く愛せるつくりのよさが身上です。 家具のように美しいキッチンを最大限に生かし、いかに使いやすく配置するかがLDKの最大のポイントでした。
当初はアイランドを考えていましたが、作業効率を考えてシンクとコンロはⅡ型に配置。 壁側は同じウッドワンで、より木肌の質感を感じられる「スイージー」を選び、メリハリをつけました。
フレームキッチンのリビング側はオープン棚になっているので、ちょっとしたギャラリーコーナーに。 「独身時代から趣味だった陶芸作品。しまい込んでいたお気に入りも、飾ることができるようになりました」。

収納に家事室…「すぐ動ける」使いやすい場づくり

施工事例|ストーリー お客様インタビューKさんご夫婦が、リノベーションで目指したかったのが、効率の良い家事動線。
「料理も洗濯も掃除も、思い立ったらすぐやる、できる環境づくり」が目標だったそうです。
玄関からリビングを通らずにキッチンに行ける裏動線で、買い物後は収納室を抜けて直接、冷蔵庫のあるパントリーへ。身軽な状態でキッチンに到着!お料理もスムーズにはじめられますね。

また、上下階を行き来しないで洗濯できるよう、1階にあった洗面室は2階に移動。
洗面室のカゴに入れた衣類は、物干しスペースとWICの間にあるユーティリティースペースで洗濯。
ユーティリティーには服を畳んだりアイロンがけもできるカウンターを設けたので、ここを中心に洗う・干す・しまうがコンパクトな動線で叶います。

LDKはお掃除ロボットに任せて、それ以外の場所のお掃除は、オープンなニッチに収納したコードレス掃除機で。
「普段から掃除機が目に入ると、マメにかけようと思えるんです」。
見えていてもインテリアになじむシンプルデザインの「マキタ」はご主人のセレクトです。

10年先を考えて、ほんの少しだけ背伸びしたデザインで

施工事例|ストーリー お客様インタビュー自然素材を中心に、木毛セメント板やアイアンなど、インダストリアルなムードも加えたK様邸。
取り除けない柱は板張りにし、マットな味わいのあるブラックにオイル塗装を施しました。
「黒を提案されて、最初は悪目立ちしないか心配でしたが、最終的にとても良かったです」。
古民家のようなほのかな和のテイストが加わったのも、全体をぐっと落ち着いた雰囲気にしています。
これも、「10年先を考えるなら、飽きの来ないインテリアに」というスタイル工房の考えによるもの。
「好きなモノに囲まれているいまの家は、ふとした瞬間『あ、ここにいるのが幸せ』と感じます」と奥様。
これからも愛着を持って、暮らしを楽しめる住まいができあがりました。

☆お客様のご要望

親族が所有されるお住まいへ移り住むタイミングでリノベーションを決意されたKさんご家族。家族で過ごす時間をより長く豊かにするため、インテリアは自然素材を使用し、永く愛せるものにしたい。また、効率的に家事をこなせるよう、十分な収納と家事動線は必要不可欠、とのことでした。

☆プランニングのポイント

テーマ

  • 重量鉄骨造の開放性を活かし、のびのびとしたプランに
  • 断熱ドアや断熱ガラス交換で性能を向上
ポイント
細かく柱の立たない重量鉄骨造の良さを活かし、のびのびとした余白のある住空間を目指しました。1階の階段は壁を取り払ってリビングイン階段に。抜けない柱には板を張り、オイル塗装で空間と調和するアクセントにしています。
玄関ホールからSIC・パントリーを経由してキッチンに回れる動線や2階のユーティリティ・室内干しスペース・WICなど、1・2階とも効率的な家事動線を実現しました。
子ども室は二部屋をつなげた広々空間に。将来個室が必要になったら、仕切って使えるよう、入口は2つ設けています。
断熱タイプの玄関ドア・窓ガラスへの交換で断熱性能も向上。

インテリアは無垢の床材や天然素材由来のクロス、珪藻土など自然素材を取り入れ、そこに木毛セメント版やアイアンなどラフな素材とほんの少しの和テイストをプラス。
年月を重ねるごとに愛着が増していく住まいになりました。

工事内容

戸建て内装改修工事 戸建てリノベーション

  • 床:オーク三層(床暖房対応)
  • キッチン:ウッドワン
  • 壁:木毛セメントボード(リビング 一部)
  • チーフプランナー:鈴木 ゆり子
    アドバイザー:両澤
    設計:高木 貴弘
    施工管理:保壽 章人

    s

twitter facebook
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest