リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > 施工事例一覧 > お気に入りの家具との暮らし。活かすのは職人技の造作

事例No.619お気に入りの家具との暮らし。活かすのは職人技の造作

ゆったりと落ち着いて暮らせる「終の棲家」にしたい

before
名前 S様邸
場所 東京都三鷹市
建物種別 マンション
築年数 築 9 年
対象面積  50 ㎡
費用  370 万円
工期 1ヶ月
twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

☆お客様のご要望

もともとお持ちだったマンションに転勤先から戻って暮らすことになり、落ち着いた雰囲気にしたいというご相談でした。マンションに良くある何の変哲もない和室を変えて、転勤時に暮らした家のような木のぬくもりを感じる空間にしたいというご要望がありました。

☆プランニングのポイント

テーマ

  • 木の香りのする和を意識した空間デザイン
  • お好きなファニチャーブランドとテイストを合わせて

ポイント
ご夫婦おふたりでゆったりと落ち着いて暮らせる「終の棲家」にしたいというご要望でしたので、できるだけマンションぽさを消したお住まいを目指しました。ご夫妻が転勤先で手に入れたみごとな天然木のダイニングセットや少しずつそろえた木製の家具の数々、そのイメージを膨らませ、色味やテイストを揃え、森のイメージと和テイストを意識したデザインとなっています。もともとの和室は部屋としては必要ないため、仕切り戸を撤去してリビング空間と一体化。既存の畳も撤去して新たに琉球畳を中央部分に敷いています。使い勝手の悪い天袋は押入れとまとめて使いやすく。そして、リビングからも見やすい位置に床の間をイメージした造作を施しました。有田焼のコンセントパネルや壺を載せた一枚板など、ご夫妻がご用意されたお気に入りアイテムが和テイストをもり立てています。
マンションにありがちなツルツルしたフローリングは、表層にナラ材を使った床暖房対応の床材を上貼りして本物の木の表情と肌触りを楽しめるようにしました。リビングドアもタモ材で造作。玄関から丸見えにならないよう、ガラス選びにもこだわっています。
これまで活用されていなかったキッチンカウンターの下はたっぷりとした収納と飾り棚のある造作家具を設置し、たくさんお持ちの食器類もスッキリと収まるようになりました。
今回はLDKのみと割り切って、コストを抑えながらも雰囲気を一新したリノベーションとなっています。

☆工事内容

マンション内装改修工事 マンションリノベーション

  • 床:ナラ コンタクト床暖5(上貼り)
  • 造作家具

プランナー:渡辺 ノリエ
アシスタント:両澤
施工管理:保壽 章人

☆間取り図

twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest