ホーム > 施工事例一覧 > 戸建リノベーション事例

事例No.640面影を残し、お気に入りを詰め込んで…。

両親が大切にしてきた家の風格を活かしつつ愛せる住まいに

before
名前 Y様邸
場所 東京都杉並区
建物種別 戸建
築年数 築 31 年
対象面積 約 100 ㎡
費用 -
工期 約 2.5ヶ月
twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

☆お客様のご要望

築31年の木造2階建て住宅をご両親から受け継いだYさん。ふたりのお子様と楽しく暮らせる家にしたいとご相談にいらっしゃいました。間取りや雰囲気は気に入っていたものの、リビングがうまく使いこなせていないことから、暖かく家族が心地よく過ごせる明るい空間にしたいとお考えでした。

☆プランニングのポイント

テーマ

  • 見ごたえのある立派な建具や設備を存分に活かし家族それぞれがくつろげる空間に
  • 分断されていた空間を有効活用。家族の時間を育むLDK

ポイント
ご両親が大事にされていたお住まいはしっかりとした造りで、建具や無垢扉を入れたキッチンはまだまだ使い続けられる立派なものでした。そこで、全てを新しいものにするのではなく、既存の間取りや部材を積極的に活かしたリノベーションをご提案しました。
分断されていたダイニング・キッチンとリビングは、壁とルーバー戸を取り払って明るく開放的な空間に。取り外したルーバー戸は和室の開口を広げて移設し利用しました。キッチンとリビングとの間に設えたレンガをあしらったカウンターは、まるでレトロなバーのような雰囲気に。カウンターの下部は収納になっており、キッチン側は家電などの見せたくないものが置け、オープンキッチンが見えすぎる事と、収納問題を解決しています。
玄関で使っていた一枚板のついたては鉄脚を取り付け、男前テーブルに姿を変えてダイニングへ。お住まい全体に漂う風格にピッタリです。LDKは床下断熱をしっかり入れ、床暖房を新設、家族みんながゆったりと心地よく過ごせる空間となりました。
2階の各居室はそれぞれ異なるアクセントクロスを用いて好みの空間に仕上げています。水廻り各所のタイル選びにもこだわり、お気に入りがたくさん詰め込まれた、新旧が美しく調和したお住まいとなりました。

☆間取り図

☆工事内容

戸建て内装改修工事 戸建てリノベーション

  • 床:床暖房新設+オーク三層フローリング
  • 造作家具

プランナー:鈴木 ゆり子
施工管理:大石 剛

twitter facebook
 = お気に入りに追加
お気に入りに追加すると、事例一覧の下部にお気に入り枠が表示されます。
施工事例一覧に戻る

おすすめ事例

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest