撮影雑記~ 神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654

2019年5月11日(S)
通勤やお互いの実家にアクセスがしやすく、日当たりのよい築13年マンションの角部屋を“中古を買って”リノベーションされたお客様。扉が、トイレとお風呂と玄関ホールの3か所のみという「0(ゼロ)LDK」のお住まいです。

神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654 - 0(ゼロ)LDKの住まい
「リノベーションは、自分たちがどんな生活をしたいか、をじっくりイメージしておくことが大事だと思います。私たち、以前の賃貸では扉を開け放していることが多くて…。だったら扉は最小限でいいなと。

神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654 - オープン洗面スペース神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654 - 扉の無いクローゼット
洗面スペースや土間、クローゼットにも扉はいらないってプランナーさんに伝えて…笑。風通しのいい、いつも空気が動いている…そんなお家にしたかったんです」との事。

神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654 - LDK1神奈川県川崎市マンションリノベーション H様邸 No.654 - 書斎スペース
「元々インテリアが好きだった」という奥様。天井からの存在感のあるカーテンと、LDKの書斎スペースの壁紙は上品なグレイカラーで統一。クルミの無垢フローリングとの飽きの来ないシンプルな広々空間が完成しました。「引っ越し後はインテリアショップによく行くようになりました。でもじっくり検討しすぎて、“どこにどう置くか”を考え始めるとなかなか買えなくなってしまったんですけどね…笑。リノベーションは大変だったけど、楽しい大変さでした!」との事でした♪

このお家の施工事例はこちらから

広報:長谷川基子
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest