menu

リノベのネタ帳 BLOG

貼り方、素材でガラッと変わる空気感 表情のある「床」の作り方レッスン

2017年03月30日(木)
無垢の木を使いたい!でも、少し個性を出したい…そんなときにはぜひ、床の貼り方を考えてみましょう。ひとくちに「木の床」といっても貼り方や素材によって空間の雰囲気がガラッと変わります。


Lesson1. 無垢材の持つ節の表情を活かす!
「仕切りの多い間取りを変えたい」と、築1年半の新古物件をフルリフォームしたお家です。
リフォーム・リノベーションの事例|リビングリフォーム・リノベーションの事例|LDK
2階リビングの床は、レッドパインの無垢材を濃い茶系で塗装しました。
ダイニングの壁の板張りを既存のまま残し、同じ木でも床との木目の違いを楽しめるように。
リフォーム・リノベーションの事例|洋室
1階は洋室2部屋と廊下を一体化させ、広々とした子ども部屋に。
床はリビングと同じレッドパインの無垢材。
ですが、こちらはもともとの明るい色を楽しめるように、クリアオイル塗装で仕上げています。
壁は珪藻土を自分たちで塗って、子ども部屋らしい明るくかわいい雰囲気に。
No.502 壁はいらない…開放感とゆとりをつくる技


Lesson2. ざっくりした男前感をオークミックスで
築11年の中古住宅リノベです。
リフォーム・リノベーションの事例|リビング・ダイニングリフォーム・リノベーションの事例|リビング
色味を抑えたラフで男前な雰囲気がご希望でした。
和室とつなげて広々とさせたLDKの床を、ざっくりとした古材風のオークミックスに。
 
見る方向によって違った表情を見せる床です。
DIYが好きなオーナーさんが塗装したドアやペレットストーブ、
藍染で仕上げたソファとも馴染むインテリアが実現しました。
リフォーム・リノベーションの事例|リビングリフォーム・リノベーションの事例|洗面
No.517 シンプルな色味のインテリアが映える、ラフな雰囲気の男前デザイン


Lesson3. ノスタルジックな味わいのパーケット
続いては、築31年の中古マンションリノベです。
リフォーム・リノベーションの事例|LDKリフォーム・リノベーションの事例|リビング
ご夫婦とも音楽が趣味で、CDやレコードをたくさんお持ちだったので
リビングのオーディオコーナーにCDやレコードの大きさに合わせて設計した収納棚を造作。
床はナラ材を市松模様に貼ったパーケットフロアです。
赤みのある色にしたいという希望により、ローズウッド色のオイルで塗装しました。
旧校舎の床のような、ノスタルジックな味わいが魅力です。
No.277 ふたりのこだわりを詰めこんだ理想の家
 
こちらのお家は廊下の床だけをナラ材のパーケットにして、左側の壁にグレーのアクセントクロスを貼りました。
リフォーム・リノベーションの事例|廊下リフォーム・リノベーションの事例|リビング
リビングとイメージが変わりますね。
マンションの限られたスペースでも、床の貼り方を変えることで空間ごとの雰囲気をチェンジできます。
No.438 ビンテージマンションを自分色に


Lesson4. まるでカフェ。女性に人気のヘリンボーン
音楽や映画鑑賞が趣味というご夫妻のお家です。
リフォーム・リノベーションの事例|リビングリフォーム・リノベーションの事例|リビング
大きな楽器を置くことができる広い部屋が欲しいと、築36年の中古マンションをリノベしました。
床は音楽ホールを思わせるヘリンボーン貼りのチークの無垢材です。
ヘリンボーンは、光の当たり方によって表情を変え、個性的なのに飽きがこないのが魅力。
レコードやCDなどもたっぷり収納できる本棚も壁一面に造作しました。
No.166 演奏会のできる広々リビング
 
続いては築30年の中古マンションをリノベした例です。
リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチンリフォーム・リノベーションの事例|キッチン
同じヘリンボーンでも、少し濃い目に塗装して落ち着いたイメージに。
読書が好きな夫婦ふたりのための、大人な空間が生まれました。
No.395 大人リノベ空間
 
 
Lesson5. 素材をぜいたくに楽しむ!3パターンの使い分け
最後もマンションリノベです。
こちらは3部屋の床をすべて違う貼り方にしています。
リフォーム・リノベーションの事例|リビング・ダイニング
リビングは床暖房に対応した三層オーク無垢材を採用しました。
壁は一面のみ足場板。個性が強い壁になったため、床はすっきりとした仕上げに。
リフォーム・リノベーションの事例|主寝室リフォーム・リノベーションの事例|子ども部屋
主寝室の床はチークのヘリンボーン貼り。
子ども部屋の床はナラ材のパーケットフロアです。
クリアオイルで仕上げ、木目の表情を楽しむことができます。
No.279 間取りを変えず、自然素材でイメージ一新
 
 
まとめ
色味だけでなく、裁断の方向や節の数によっても表情を変える木の床。厳密にはヘリンボーンは床の貼り方、パーケットは寄木のように組んだ床材を指しますが、それぞれ木の豊かな素材感を楽しむことができます。インテリアはとことんシンプルに、でも床は少し凝った造りに…というのも素敵ですね。床を変えることは、部屋ごとのゾーニングにも効果的です。できれば実物を確認して、質感なども参考にしましょう。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • pinterest