リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店

リノベのネタ帳 BLOG

大人の「籠り部屋」で趣味や仕事に没頭する贅沢な時間

2018年03月18日(日)
住宅性能の向上にともなって、家族がつながる大空間リビングや、吹き抜けなどのオープンな間取りが大人気。でも、ときにはひとりっきりになれる時間、趣味や仕事に集中できる場所も必要だったりします。そのためには、あえて広くなく、お気に入りに囲まれた秘密基地のような雰囲気が落ち着く…そんな「小さくても贅沢な、大人のための籠(こも)り部屋」をリノベで作った例をご紹介。書斎やホビールームづくりの参考にしてみてください。

 

何度も塗装したこだわりのブルー。隠れ家的ミニ書斎


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 壁をブルーに塗装した書斎
築43年の2世帯住宅の母屋の建替えに伴い、切り離しでできた空間を利用して書斎をつくりました。
カウンターデスクは壁の一面に造作し、どこに椅子を置いても使えるように。
階段で上がるロフトの上にはテレビを置いて、趣味の写真をモニターできるスペースに。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 ウォルナットの無垢材の床リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 カウンターデスク
壁の下は本棚と、今はトレーニングマシーンを置いているそう。
もともとの家の古い梁と新しい素材をなじませるために、壁の塗装には特にこだわりました。
何度かやり直しながら深みのあるブルーに。
床にはウォルナットの無垢材を使い、カウンターデスクと本棚も床材と統一した仕上げで味わいたっぷりです。
(No.523 男の隠れ家的書斎)

 

リビングとつながる趣味室は、いつかは子ども部屋に


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 リビングの一角を趣味室に
こちらはマンション。
リビングの一角にパソコンやフィギュアを楽しむスペースを作りました。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 扉を閉めれば個室
このように、閉め切るとひとりの時間に集中することもできます。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 採光と通気
採光と通気はもちろん、構造上書斎にエアコンが付けられないので、窓の開閉で温度調節を行います。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋
いまは大人が使っていますが、ゆくゆくは子ども部屋として使う予定だそう。
程よく家族の気配が感じられるので、子ども部屋にもぴったりですね。
(No.531 室内窓がつなぐリビングと書斎)

 

廊下の一角にパパのための書斎を


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 廊下の一角
こちらは廊下の一角。
限られたスペースではありますが、デスクと棚を備えた「男の隠れ家」を作りました。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 デスクと採光リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 収納と通風
デスクの上と、棚の下にも光と風の通り道を作って快適に。
入り口は引き戸を採用し、スペースを最大限に活用しています。
これはぜひマネしたいアイデアですね。
(No.415 “のびのびと自由に住まう”家族で楽しむ家)

 

リビングにかまくらのような和の書斎を


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 リビングの一角に和の書斎
つづいては築30年のマンションを購入したご家族。
奥さまはヨーロピアンなデザインが、ご主人は和モダンがお好みということでした。
そこで、リビング全体はマントルピースを備えたヨーロピアンスタイルに。
奥にあるアールの入り口は…?

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 かまくらのような書斎スペースリフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 和室小上がり
ご主人の書斎スペース。
アールはヨーロピアンなムードとももちろん合いますが、近づくと、どことなくかまくらを思わせます。
独立したスペースだからこそ、これくらいがらりと雰囲気が変わるのも面白いですね。
小上りにして、畳下は収納スペースに。
曲線がふたつの空間をうまくつないでいます。
(No.207 遊び心まんさいの不思議ハウス)

 

寝室との間をブルーの壁で仕切って書斎に


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 ブルーの壁仕切り
こちらもマンションです。
細かく仕切られていた3LDKの間取りを1LDKと収納スペースにリノベしました。
寝室はブルーの壁で仕切り、ベッドスペースと書斎に。
壁は天上部を開けて、光と風が通るようにしています。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 仕切りの向こうは書斎
デスクはもともとお持ちのものに合わせて棚を造作。
フロアタイルの床が、青い建具と壁を大人っぽくまとめていますね。
(No.561 家族の好きな色と想いをカタチに)

 

玄関側の洋室を仕切って仕事部屋と収納に


リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 モールガラスの建具リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 建具を閉めても玄関まで光が
築27年のマンションを購入されたご夫婦。
玄関入ってすぐの部屋を、デザイン関係のお仕事をされているご主人のための仕事部屋にリノベしました。
仕事部屋の建具にはモールガラスを入れて、暗かった玄関までバルコニーの光が届くように。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 間取りビフォアーリフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 間取りアフター
左がBefore、右がAfterです。
洋室の一部は納戸にしました。
ほかにウォークインクロゼットと下足収納も作ったので、収納はたっぷり。

リフォーム・リノベーションの事例|籠り部屋 仕事部屋
床はオークの無垢材を自然塗料で塗装。
あたたかみのある仕上がりで、どこかレトロな、素材感を感じる住まいです。
(No.229 さわやかな風の吹き抜ける住まい)

 

リビングから夫婦それぞれの籠り部屋へ


リフォーム・リノベーションの事例|夫婦それぞれの籠り部屋
最後は築36年、それぞれが育った生家にも似た、庭付きの一戸建てを購入したご夫婦。
目指したイメージは「おじいちゃんの家に遊びに来たような、懐かしさを感じるお家」でした。
リビングの両端にあるふたつのアンティークドアの先は…。

リフォーム・リノベーションの事例|ご主人の籠り部屋リフォーム・リノベーションの事例|奥様の籠り部屋
夫婦それぞれの書斎。
左がご主人、右が奥様のためのスペースです。
ドアや照明もそれぞれの好みのものを選んだそう。個性が出ていますね!
書斎にこもってひとりで読書を楽しんだあとは、リビングで一緒にコーヒータイム。
そんな素敵な休日が目に浮かぶようです。
(No.420 懐かしき Home Sweet Home!)

 

まとめ

住む人、使う人の個性が反映された「籠り部屋」。一戸建て・マンションに関わらず、スペースを捻出することはできますので、欲しい人はあきらめず相談してみて。その際決めておくべきは、「家族とのつながり方」。完全に独立型か、ほどよく気配を感じられる距離感か、建具でフレキシブルに調節するのか…作り方はさまざまです。また、独立させる場合も、採光や通風はしっかり確保できるよう計画が必要です。いざ作ったものの、真冬(真夏)は寒くて(暑くて)とても居られない…!なんて失敗も。施工事例を参考に、使用頻度や過ごす時間帯も含めてプランナーにしっかり伝えましょう。
 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest