リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > リノベのあれこれ > リノベのネタ帳 > プランナーに聞いた!①「一戸建てリノベのポイント」

リノベのネタ帳 BLOG

プランナーに聞いた!①「一戸建てリノベのポイント」

2018年08月5日(日)
リノベーションといえばマンションが主流の昨今。というのも、耐震性や費用のことなど、一戸建てリノベはマンションよりもなにかとハードルが高いのです。それでも「やっぱり一戸建てに住みたい!それも、好きなようにリノベしたい!」という方のために、戸建てリノベの実績豊富なプランナーを直撃。マンションとは違う一戸建てリノベのポイント、中古物件の内見で見るべきポイントなどを聞いてきました。今回はケース別に、Q&A形式でお届けします!

チーフプランナー 渡辺ノリエ
お話を聞いたのは、チーフプランナーの渡辺ノリエ

Q. 気になる物件を見つけた!リノベできる?
A. 迷った場合は、購入前にプランナーが内見同行します。一緒に行けない場合は、プランナーだけが現地調査に行ってくることもできますよ。
現地調査で見るポイントは構造体、つまり、骨組みがしっかりしているかどうかです。構造体がしっかりしていれば、リノベーションは可能。あらかじめリノベで実現したいこと(2階リビングやお部屋の数など)をお聞きしておいて、それらが実現できるかどうか、ざっとどれくらいの費用がかかるかどうかも見させていただきます。

こちらは築20年の木造2階建て中古住宅。
住み慣れた町の近くで物件を探し、購入前にプランナーも同行。
予算やプランなどを話し合いながら購入物件を決めました。 

戸建リノベ|Before戸建リノベ|購入前調査
【Before】1階のLDKは光が入らず、暗い印象ですが、2階の個室はこの通り、日当たり良好。
1階と2階を合わせて延床20坪弱という限られた空間をできるだけ開放的に使うことが課題でした。

戸建リノベ|After LDK戸建リノベ|After リビング ロフト
【After】「子どもの様子を見守りながら、家族の時間を大切にできる家にしたい」という暮らし方を希望していたご家族。
そこで、家族が一緒に過ごすLDKを日当たりのいい2階に。
天井高を利用したロフトや畳コーナーで、2階全体がつながる開放的な空間をつくりました。
(No.351 家族のくらしをより楽しく豊かにするとっておきの家)


Q.いい物件が見つからない…!
A. 物件探しから相談できるワンストップリノベーションサービスがあります。スタイル工房と不動産会社がコラボして「どんな暮らしがしたい?」という観点から物件探しをお手伝いしますので、具体的に効率よく物件が探せます。
中古購入とリノベーションを合わせた全体の費用計画が立てやすい点、ローンの窓口がひとつで済むのもメリットです。

こちらもなかなか物件が見つからず、ワンストップサービスを利用したご家族。
希望のエリアで見つけたのは、築1年半の新古物件でした。

戸建リノベ|Before
【Before】新しくきれいな建物でしたが、内装の雰囲気が好きではなかったそう。
また、お子さんが小さいうちは部屋を区切らず、できるだけ広々と使えるようにしたいというご希望がありました。

戸建リノベ|After LDK
戸建リノベ|After LDK
【After】ダイニングを向いて、小さな小窓があいているだけだったキッチンは、リビング側に向きを変更しオープンに。
料理をしながら2階の空間をすべて見渡すことができるようになりました。
キッチンシンクの前には、耐震面で抜けない柱があったため、間に板を渡して飾り棚として活用しています。
(No.502 壁はいらない…開放感とゆとりをつくる技)


Q. かなり古いのですが、リノベは無理?
A. 築古でもリノベーションで新築同然の耐震性と住宅性能にすることはできます。気になるのはどれくらい費用がかかるか、というところですが、築年数だけで一概に判断できず、やはり構造体の状態によるのです。
簡単にチェックする方法としては、ドアやサッシの開け閉めがスムーズか(建物の歪み)、水漏れの跡がないか(湿気があると白アリがいる可能性が)などです。また、建物の南面なのにドクダミなど日陰を好む雑草が生えている場合なども要注意ですね。湿気がとにかく建物を傷めるので、風と光の通り道があるかどうかは必ずチェックします。お隣のお家の窓の位置や、家の周りをぐるっと歩いて回れるかどうかなども…。もちろん確認申請や修繕履歴なども見ています。

「家を持つなら、中古を買って自分たちでも手を加えながら家づくりを楽しみたい」と考えていたご夫妻の例です。
ワンストップサービスで築30年の中古住宅を見つけ、リフォーム前提で購入しました。

戸建リノベ|Before
【Before】築30年の木造2階建て住宅。
しばらく空き家だったため老朽化による傷みが見られ、耐震面でも不安がありました。

戸建リノベ|After ダイニングキッチン戸建リノベ|After 玄関
【After】耐震診断を行い、建物全体の補強を実施。
1階は基礎から補強し、リビングの広い空間はJフレームで耐震補強。
サッシや水まわりの設備も交換して機能性もアップ。外装も一新しました。
(No.392 できることは自分たちで。コラボで作り上げた快適な住まい)


Q. 木造以外の工法だけど、リノベできる?
A. もちろんできます!が、鉄骨造の場合は、湿気による鉄の腐食の可能性があります。現地で通風もチェックしながら、構造体が傷んでいないかを判断します。
また、もとのつくりがしっかりしていて耐震性が高い分、抜けない壁や柱があって大幅な間取り変更が難しい場合があります。筋交いや構造を現しにして塗装し、インテリアのアクセントにする方法もリノベならではで、オススメですよ。

リフォームを前提に築34年の中古住宅を購入したご家族。
広々としたLDKや趣味の音楽室を作ること、自然素材を使った内装がご希望でした。

戸建リノベ|Before
【Before】鉄骨造の建物だったため、間取りを変えるときに構造の鉄骨やブレースなど撤去できない部分がありました。

戸建リノベ|After LDK
戸建リノベ|After LDK
【After】壁を抜いたときに出てきたブレースは現しにしてデザインとして見せる演出に。
天井を上げるときも、開けてみないと鉄骨の状況がわからなかったため、照明計画や配管などは、施工しながら変更を加えていきました。
鉄骨を利用して、念願のハンモックも取り付けることができました。
No.544 むき出しの構造!クールだけど温かい住まい!!


補足:
木造の一戸建てリノベでは、自治体で設けている耐震診断・耐震改修の助成制度を利用することも。今までは昭和56年を境に旧耐震と新耐震に分かれ(参照:不動産コラムVol.5後編)、旧耐震の建物のみの助成制度でしたが、国の政策により、今年度から昭和56年以降・平成12年までの間に建てられた新耐震の建物も助成が受けられるようになりました!これは、現行法が平成12年6月以降に施行されたものであり、昭和56年~平成12年の間の建物が現行法からみると耐震強度が不足しているということで、耐震性能の底上げを目的とした措置です。助成制度の利用については住民票が必要だったり細かい条件自治体によって設けられていることもありますので、まずはご相談してみてください。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest