リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > リノベのあれこれ > リノベのネタ帳 > 憧れのアイランドキッチン!向きや動線、リビングからの 視線はどうする?成功例Q&A

リノベのネタ帳 BLOG

憧れのアイランドキッチン!向きや動線、リビングからの 視線はどうする?成功例Q&A

2017年11月12日(日)
キッチンはLDKの主役!とばかりに存在感を放つアイランドキッチン。お料理教室みたいで憧れるけど、どこに、どう置くかは意外と迷いますよね。また、お料理をしている手元や洗いものが見えやすいのでちょっと…という話もよく聞きます。リノベで使いやすくオシャレなアイランドキッチンを実現した施工例を、よくある疑問への解答としてご紹介します。

Q.素材はどうする?→A.ステンレスならカフェダイニング風に
ダイニング側からもよく見えるアイランドキッチンは、素材選びも重要です。

リフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチン
こちらはお料理好きのご夫婦のマンションリノベ。
フラットに仕上げたカウンターの素材に選んだのはステンレス。
換気扇もステンレスを選べば、プロっぽいカフェダイニングのような仕上がりに。
忙しい朝は、ここで昼食を済ませることもできます。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング
ゆっくり食事を楽しみたいときはダイニングのテーブルで。
リビングの造作飾り棚にはお気に入りの音楽を並べて。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
キッチン側にも段違いに飾り棚を造作しました。
バルコニーの光がまっすぐキッチンまで届き、手元も明るく作業しやすいのがいいですね。
(No.197生活の中心はキッチン・・・食べて飲んで楽しく暮らす)

Q.どう位置どる?→A.家の中心に置き、特等席に!
もともと2世帯でお住まいだったご実家。
1階をお仕事のために、2階を家族の生活スペースとしてリノベした例です。
かなり広いコの字型のお家の、キッチンはどこに置くのが正解でしょうか?

リフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチンリフォーム・リノベーションの事例|キッチン

家の中心、LDKとプライベートエリアをつなぐ渡り廊下のような位置にアイランドキッチンを置きました。
写真奥が家族の集まるリビングダイニングです。

リフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチンリフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチン
キッチンの手前は洗面スペースにもつながり、お洗濯~お料理の導線も最短に。
アイランドキッチンに立つと、庭のしだれ桜が眺められる特等席でもあります。
また、コの字の内側にある子ども部屋の様子もキッチンから分かります。
奥さまが子どものころお母さまとしたように、よく手を振り合って合図するんだとか。
(No.551人が集い、自然の循環の一部として暮らす “創エネルギー”の家)

Q.吹抜けがあるお家は?→A.すぐ側なら上にも視線が届く
続いては築30年の中古戸建てを購入し、木の温もりたっぷりのお家にリノベした例です。

リフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチン
リビング側が吹抜けになっていて、そのすぐ側にキッチンを置きました。

リフォーム・リノベーションの事例|アイランドキッチン
キッチン側からはまだ小さい子どもさんの遊ぶ様子を見守ることができます。
また、リビング階段で上まで視線が抜けるので、とても開放感がありますね。
無垢パイン材の床の雰囲気に合わせて、既製品のキッチンにアッシュフリー材でカウンターを造作しました。
奥にはパントリーも設け、収納も万全に。
(No.444「解放感!」吹抜けのある家)

Q.ごちゃごちゃしませんか?→A.収納を計画すればスッキリ
食器や調理器具、食材など、とにかくモノの多いキッチン。
キッチンの生活感がLDKのインテリアにまで影響してしまうのでは?という声もよく聞きますね。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
鉄骨造の中古戸建てを、構造を現しにして見せることでかっこよくリノベしたこちらのお家。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
あえて見せたブレースとリフレインするように、キッチン上部にはアイアンを使った吊戸棚を取り付け。
ペーパータオルやワイングラスなどを、飾りながら収納できます。

リフォーム・リノベーションの事例|リビングダイニング
リビングダイニングはオーク無垢材の床ですが、キッチンのみお手入れしやすいフロアタイルにしました。

リフォーム・リノベーションの事例|収納棚リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
手持ちの棚を組み合わせた造作棚、ルーバー扉の収納棚も設置。
見せるもの、見せないものを分けて収納計画を立てることで、アイランドキッチンでもすっきり暮らせます。
(No.544むき出しの構造!クールだけど温かい住まい!!)

Q.手元が見えるのが気になる!→A.カウンターを立ち上げれば安心
いつもキレイにしておかねば!となんとなく緊張してしまうアイランドキッチン。
「子どもと一緒にお料理したい」と並んで作業しやすいアイランド型にリノベされたこちらのお家は…。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
手元を立ち上げることで、リビングからの視線をブロックしています。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
キッチン側からはこんな感じ。
これなら、立ち上がってのぞき込まない限り、シンクの中が見えませんね。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチンリフォーム・リノベーションの事例|収納

壁側には枠のみ収納を造作。
イスなどの大きなものや、既製品の引き出しを入れたりと自由に使うことができます。
(No.536子どもと料理を楽しむアイランドキッチン)

Q.煮炊きのニオイが気になる!→A.コンロのみ壁付けのセパレートに
お料理のニオイがリビングにも漂ってしまうのでは?という方には…。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン


このように、コンロのみ壁付けにする方法があります。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
シンクとコンロがセパレートになり、振り向けばいいので動線はよりシンプルになります。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
換気扇も壁付けになり、リビング側からすっきり見えるというメリットも。
(No.485無垢材と珪藻土の質感が心地よい。光と風がたっぷり届く引戸の暮らし)
 
リフォーム・リノベーションの事例|キッチンリフォーム・リノベーションの事例|キッチン

セパレートタイプのアイランドキッチンをもう一軒ご紹介します。
こちらはIHのコンロを、シンクの真後ろに置きました。

リフォーム・リノベーションの事例|キッチン
やはり手前に換気扇がない分、キッチンのタイルがより映えますね。
モザイクタイルの微妙な色合いとカウンターの木目が美しいキッチンです。
(No.441キッチンを中心に家族の笑顔があふれる住まい)
 
まとめ
配管の都合上、アイランドキッチンの設置が難しい場合もあります。中古物件の購入から検討されている方は、購入前にリノベーション可能かどうかを必ず確認してください。キッチン設備自体も造作する、既製品を使う、既製品と造作と組み合わせるなどで、予算と工期が変わってきます。収納も含めた使い勝手と予算、デザインのベストバランスを探っていきましょう!
 
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest