リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > リノベのあれこれ > リノベのネタ帳 > リノベで対面キッチン!「ダイニングテーブル」はどう置く?

リノベのネタ帳 BLOG

リノベで対面キッチン!「ダイニングテーブル」はどう置く?

2018年09月23日(日)
LDKのリノベーションで最も多い希望が「壁付け(独立)だったキッチンを対面にしたい」というもの。念願の対面キッチンを実現したことで、これまで使っていなかったダイニングセットを購入する人もたくさんいらっしゃいます。しかし、いざ買ってみたものの、ぴたっとはまる置き方には意外とみなさん悩まれるようです。今回は、リノベーション後のダイニングテーブルのレイアウト例を集めてみました。インテリアも含めて、ぜひ参考にしてみてください。

王道!キッチンと垂直に、カウンターにつけて配置
マンション最上階にあるメゾネットタイプのお住まいです。
メゾネットをいかした吹抜けがダイニングの上部にあり、開放的な空間。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングテーブル
キッチンカウンターは家具職人による造作です。
ダイニング側に設けたニッチと高さを合わせて、ダイニングテーブルもオリジナルのものをつくりました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングテーブル
ニッチとテーブルの高さがぴったり合ってるので、こんなに収まりがキレイ!
使っている素材も統一感があっていいですね。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングテーブル
奥様お気に入りのターコイズブルーのキッチンとも相性ぴったりです。
配膳に、食事にとぴったりくる置き方を、造作家具でさらにこだわった例です。
No.583 遊び心とこだわりでワクワクがいっぱいの家


キッチンと垂直パターン、和モダンだとこんな雰囲気
同じく、キッチンカウンターにテーブルをつけて、垂直にレイアウトした例です。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
こちらは天井を板張りにしたマンション。
落ち着いた雰囲気がご希望だったため、リビングの窓は、カーテンではなく障子にしました。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
同じレイアウトでもイメージがずいぶん変わりますね。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
一枚板を使ったダイニングテーブルが存在感を放つダイニング。
こちらもカウンターはタモ材で造作しています。
No.506 柔らかな陽光でくつろぐ住まい


カウンターと水平に置けば省スペースにもなる
続いては、築50年の一戸建てリノベです。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
キッチンカウンターから窓への距離が狭いため、カウンターと並行してダイニングテーブルを配置しました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
カウンター側はダイニングセットの椅子をベンチにして、キッチンカウンターにぴたっとくっつけて配置。
省スペースなうえ、転倒しやすい子どもが座るのにも安心です。
No.559 家の中のいえ


L字型LDKは丸テーブルでカフェ風に
築19年のマンションリノベです。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
もともと洋室だった部分もLDKに取り込み、大きなL字型のLDKの中央にキッチンカウンターを配置しました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
L字型になっているため、ダイニングとリビングのゾーニングがしやすい間取り。
その半面、角が多い空間になってしまうため、丸テーブルで変化をもたせています。
ローズウッド塗装のナラ無垢フローリングに、窓枠も同じオイル塗装を施し、深みのあるレトロな雰囲気に。
レトロシックなカフェのようなダイニングができあがりました。
No.596 ラフさが心地いい。木のぬくもりと素材感を楽しむ。


カウンター横につなげると、配膳しやすい広々レイアウトに
築1年半の新古物件でしたが、内装の雰囲気が好みに合わず、リノベしたお家です。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
キッチンも向きを変え、使いやすいL字型に。
シンクからそのままそのままつなげるようにダイニングテーブルを配置しました。
お料理をしながら2階LDKをすべて見渡せるだけでなく、お料理を作ってすぐ隣に配膳できます。
また、お子さんが小さいうちはこぼしたり、食器を取りに行ったりと、キッチンとの行き来が増えるもの。
これなら最短でアクセスできますね。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
ダイニングテーブルがキッチン横にあると、リビングもこんなに広々。
食事とリラックスタイムを上手に切り替えられるのもメリットです。
No.502 壁はいらない…開放感とゆとりをつくる技


キッチンと離して、カウンターと平行にレイアウト

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
一戸建ての場合はマンションよりLDKを広くとれることが多いので、このようにテーブルを離して置くこともできます。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
こちらは、キッチンカウンターと水平に置いたパターン。
勾配天井のもっとも高くなっている部分を、ダイニングテーブルの中心に合わせています。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング・キッチン
リフォーム・リノベーションの事例|LDK
それぞれ横から見るとこんな感じ。
LDKの中心にダイニングテーブルがあるイメージですね。
食事を楽しみたい、団らんが家族の中心、というご家族におすすめのレイアウトです。
No.573 キッチンからはじまる家族の時間


キッチンとずらして配置すると立体的なレイアウトに

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
こちらのお家はマンションですが80㎡の広さがあり、LDKをたっぷりとっています。
キッチンカウンター横はパントリーとリビングドアとなるため、少し窓寄りにテーブルを置きました。
カウンターと適度にずらすことで、空間に動きが生まれていますね。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
右側はご主人のための書斎スペースで、リビングとは室内窓でつないでいます。
この書斎の壁の延長線上に、ダイニングテーブルの端を合わせる位置でレイアウトしました。
このように、広いスペースにテーブルを置くときは、壁や梁のラインに合わせるようにするとキレイです。
No.512 暮らしに合わせて変えていける あえて作りこまない家


まとめ
対面キッチンの場合はとくに、ダイニングテーブルはLDK空間の主役と言ってもいいほど重要な存在であることが分かっていただけたのではないでしょうか。買いたいダイニングセットがある場合は、リノベの際にあらかじめプランナーに相談しておきましょう。床やキッチンカウンターの素材、サイズ感もテーブルに合わせて提案してもらえます。一番のおすすめは、リノベに合わせて造作してしまうこと。家具職人がその空間に合わせて作り上げたダイニングテーブルは、世界にひとつだけの、住む人のためのもの。少し値段は張りますが、使い勝手もデザインもあなたにぴったり馴染む、一生ものの家具になるはずです。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest