【お気に入りの逸品】S様邸(事例No.607)ソファ編 -カスタマイズしたイケアのソファ-

2019年5月27日(M)
ソファとオットマンを組み合わせて、リビングにぴったり収める

「ある日帰宅すると、リビングを入って左側に置いてあったソファが、向かい側に移動していたんです」。
留守の間に、奥様が思い立ってするという模様替え。「たまにあるんですよ」と、笑いながらご主人がお話してくださいました。

「こっちのほうが良くない?!」という奥様の言葉に従って座ってみると、確かになんとも落ち着く籠り感があったそうです。
微妙に合っていないサイズや柱の部分にも手を加えて、もっとぴったりにしよう!とソファのDIY作戦がスタートしました。
リノベではDIY室を作ったほど、もの作りがもともと得意なSさん夫婦。
奥様が主に企画と設計、作業はご主人を中心にふたりで行い、家具やお家のカスタマイズを楽しんでいました。
今回使うのは、イケアのソファ「ソーデルハムン」。
「イチから作れば思い通りのものになるけど、材料費だけでも、オーダーメイドで作るのとそう変わらないぐらいの金額になるんです。既製品をリメイクするのが、一番リーズナブルで早く、仕上がりのクオリティもいいことに気付きました」とのこと。

IKEAのソファ(SÖDERHAMN/ソーデルハムン)をリメイクするために奥様が描いた設計図リメイク完成直後のIKEAのソファ(SÖDERHAMN/ソーデルハムン)
▲奥様が描いた設計図と、完成直後のソファ

なかでも、シンプルで作りがしっかりしているイケアの家具は、カスタマイズに向いているのだそうです。
インスピレーションも鮮やかに、でも準備や計測は怠らず、完璧な仕上がりを目指す奥様。
設計メモを拝見したのですが、仕上がりと必要な材料が明瞭にイメージされていて、とても分かりやすいものでした。
ソファに、コーナーセクションとフットスツールを半分に切って組みなおし、ホームセンターで買った板なども組み合わせながらぴったりに収めて…どれくらい時間がかかったのですか?と尋ねると「3連休でほぼできちゃいました」とのこと!

イケアの羊毛ラグ「ルッデ」を敷いて、今は冬仕様に。(SÖDERHAMN/ソーデルハムン)
お気に入りのクッションや同じイケアの羊毛ラグ「ルッデ」を敷いて、今は冬仕様に。
プロジェクターも取り付けて、ゆったり過ごす準備は万端!さらに居心地のよいリビングとなりました。

 
【逸品Data】
メーカー:IKEA(イケア)
商品名:SÖDERHAMN/ソーデルハムン

今回お話を伺ったSさま邸はコチラ


お気に入りの逸品 - S様邸 vol.1【テーブル編(1)】
お気に入りの逸品 - S様邸 vol.2【ソファ編】
お気に入りの逸品 - S様邸 vol.3【シェルフ編】
お気に入りの逸品 - S様邸 vol.4【テーブル編(2)】
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest