リフォーム・リノベーション・新築 住まいづくりの専門店
ホーム > リノベのあれこれ > リノベのネタ帳 > おしゃれに隠して、風は通す! 「ルーバー」って便利

リノベのネタ帳 BLOG

おしゃれに隠して、風は通す! 「ルーバー」って便利

2018年05月6日(日)
「ルーバー=Louver」とは、羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を、枠組みに平行に組んだもの。 「ガラリ」「鎧戸(よろいど)」「格子戸」とも呼ばれるルーバーは、羽板の角度や間隔によって、視線や光・風の通り具合を調節することができる優れものの建具。機能性はもちろんデザイン性も高いため、リノベーションでも様々な場所に使われています。今回は、ルーバーをうまく取り入れたリノベ例をご紹介します。

 

【リビングに】キッチンを隠しつつリビングのアクセントに

築20年のメゾネットマンションに親子3人でお住まいのご一家。
老朽化が気になってきたこと、LD.をもっと開放的にしたい!とリノベすることに。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング
キッチンは位置を変えずにカウンターの開口部を一部広げました。
さらに壁の一部とドアをなくすことで、ダイニングとよりオープンにつながるように。

リフォーム・リノベーションの事例|リビング
ドアをなくしたことで、リビングからキッチンがまる見えに。
開放感をそこなわずに視線をさえぎるために、ルーバーを設けています。

リフォーム・リノベーションの事例|ルーバーでキッチンを目隠しリフォーム・リノベーションの事例|ルーバーでキッチンを目隠し
木の縦格子はLDのアクセントにも。
もしドアがあったらわずらわしいけど、ほどよく隠したい、という時に役立つアイデアです。
(No.250 既存を利用しつつデザインにこだわってエコリフォーム!!)

 

【階段に】光を玄関まで届け、落下防止の手すりとしても

続いては、築30数年の一戸建て。
お店と賃貸住宅が併設されていたご実家を、お母さまと子世帯4人家族のための二世帯住宅にリノベしました。

リフォーム・リノベーションの事例|階段にルーバーリフォーム・リノベーションの事例|階段にルーバー
1階を駐車場とお母様のためのLDKに、2階を子供世帯のスペースに。
玄関から直接階段をあがって2階リビングに向うのですが、階段部分にルーバーを設置しました。

リフォーム・リノベーションの事例|階段にルーバーリフォーム・リノベーションの事例|階段への採光
このような玄関からすぐ階段、という間取りでは、階段部分がどうしても暗く、閉塞感がでてしまいがち。
壁ではなくルーバーにすることで、2階の光が届き、開放的になります。
また、つかみやすい木の縦格子は、子どもたちやお母さまのための手すりの役割も果たしてくれます。
(No.15 家族みんなが、豊かに楽しく過ごせる空間)

 

【寝室に】ワンルームのプライベート空間を仕切る

結婚して数年間、築30年の中古マンションにお住まいだったご夫妻。
41平米のワンルームで、LDKと寝室が一体になったお部屋をリノベしました。

リフォーム・リノベーションの事例|寝室とLDKの仕切りにルーバー
大容量の収納ですっきり暮らせるものの、やはりベッドまわりはほどよく隠したい、ということでルーバーを設置。
窓のあるベッドスペースから、光と風はリビング側まで通します。

リフォーム・リノベーションの事例|寝室とLDKの仕切りにルーバー
ルーバーの隣にはもともとの収納の厚みを活かした本棚も造作。

リフォーム・リノベーションの事例|1枚1枚角度を変えて調光できるルーバー
ツーバイ材で造作したこちらのルーバーは、一枚一枚角度を変えることができます。
昼夜で光の通り具合を調節できるのは便利ですね。
(No.308 ふたりにぴったりの木の温もりと光に溢れた住まい)

 

【和室に】木の質感が和洋のテイストをつなぐ

マンションのお住まいのご夫婦。
お料理をすることが大好きだとのことで、キッチンの使い勝手をよくしたいというご希望がありました。

リフォーム・リノベーションの事例|LDKと和室の仕切りにルーバー
そこで、キッチンは壁をなくしてオープンに。
立つとリビングが一望できる位置です。
左奥はふすまを隔てて和室だったのですが、こちらもオープンにして、和室側の窓からの光もとりこめるように。

リフォーム・リノベーションの事例|ルーバー+飾り棚リフォーム・リノベーションの事例|和洋テイストに馴染むルーバー
開放感を保ちつつ、緩やかに仕切るルーバーには飾り棚を取りつけました。
畳のまわりをアカシア無垢材でコの字型に囲み、リビングとのフラットにつなげました。
ルーバーと床の木の素材感で、洋室であるリビングと和室のテイストの違いが気になりません。
窓の障子ともうまくなじんでいますね。
(No.238 こだわりのキッチンで快適に料理!!)

 

【和室に】畳にもフローリングにもなじむ和の手仕事

同じように、和洋のテイストをうまくつないだ例です。
メゾネットタイプの中古マンション。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングキッチン
飛騨の家具が大好きなオーナーさんご夫婦。
それらにしっくりと馴染む、和の温もりを感じられる素朴な住まいがご希望だったそう。

リフォーム・リノベーションの事例|玄関と個室の仕切りにルーバー建具リフォーム・リノベーションの事例|ルーバー建具から廊下に採光
玄関を入って正面の個室は、フローリングの中央に畳を埋め込んだデザインに。
玄関と個室を仕切っていた壁とドアは3枚引戸に変更しました。
ルーバーの建具はフローリングにも畳にも合う万能選手。
明るめの樹種を選ぶことで、どこか北欧のテイストも感じさせる住まいになりました。
(No.113 木のぬくもりを感じる家)

 

【畳コーナーに】リビングの一角を落ち着く蔵書コーナーに

続いてもマンションリノベです。
リビング、和室、キッチンの仕切りをなくして開放的なLDKにしました。

リフォーム・リノベーションの事例|リビングと書庫コーナーの仕切りにルーバー
リビングの一角は、ご希望の和のテイストを取り入れた書庫コーナーに。

リフォーム・リノベーションの事例|和テイストの書庫コーナーリフォーム・リノベーションの事例|ルーバーで仕切った籠れるコーナー
壁面には天井までの高さの大容量の本棚を造作。
ごろんと横になって本が読めるよう、床は畳敷きにしました。
入口には本棚の幅に合わせて縦格子を入れ、開放感たっぷりのリビングのなかで、こぢんまりと籠れるコーナーに。
このように、ルーバーによって空間の開放感⇔落ち着き感を調節することができます。
(No.180 休日はおうちカフェで・・・)

 

【和室に】全面づかいでワンランク上の高級感

一戸建ての2階リビングです。

リフォーム・リノベーションの事例|LDKと小上がりの仕切りに格子戸
広すぎて寒々しかったLDKの一部に、横になってくつろぐ事のできる上り畳和室コーナーをつくりました。
畳下は収納にもなっています。

リフォーム・リノベーションの事例|建具全面格子戸
圧巻なのは、建具全面を格子戸で造作したこと。

リフォーム・リノベーションの事例|格子戸を閉めた眺め
閉めると贅沢な大人の和モダン空間のできあがり。

リフォーム・リノベーションの事例|格子戸を開けた状態
開け放ってひとつの空間としても使うことができます。
面積が小さくても存在感がありますね。
閉めたときは空間の主役に、開けるとアクセントとして効かせるルーバーです。
(No.171 あたたかく、人を迎える家)

 

まとめ

隠しつつ、光や風を通すという役割は同じでも、使う場所や羽板の太さ、色によって雰囲気はさまざまなのが分かっていただけたと思います。どの例も、叶えたい暮らしがまずあり、そのなかでルーバーが提案されています。リノベで解決したい課題の、数多くある解決策のひとつとして、また、美しいインテリアデザインとして覚えておいて損はないでしょう。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest