menu

リノベのネタ帳 BLOG

硬さ、色合い、木目…木の種類で個性を楽しむ 「樹種別」無垢フローリング

2017年11月26日(日)
自然素材の代表と言えば、やっぱり無垢材のフローリング。合板や集成材とは違い、そのまま丸太から切り出した木材である無垢材は木の風合いそのままに、足に柔らかく心地よいのが特徴。一般的な合板フローリングは冬はひやりと冷たく、スリッパが欠かせませんが、リノベ後は「素足で過ごしています」というご家族がとっても多いんです。そんな無垢フローリングですが、「木」が原料だけに、その種類(樹種といいます)によって色や木目、硬さもさまざま。樹種別にリノベ例をご紹介します。


【パイン】柔らかく、親しみやすい人気No.1無垢材

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
築1年半の新古物件をリフォーム前提で購入されたお家です。
まだきれいな建物でしたが仕切りの多い間取りと、新建材のピカピカした感じを変えたいというご希望でした。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK フローリング レッドパイン
床に使ったのはレッドパイン。
濃い茶系のテラオイルで仕上げました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングキッチン
木目と所々にある節の表情が素朴な風合いのレッドパインは、マツ科の針葉樹。
塗装によって様々な表情を見せるので、多くのインテリアに使われます。
No.502 壁はいらない…開放感とゆとりをつくる技


【カラマツ】はっきりした木目とぬくもりが魅力

リフォーム・リノベーションの事例|リビング ダイニング
続いては、お子様の独立を機に、夫婦おふたりでゆっくり過ごすためのリノベ。
築31年が経過していたお家の間取りや水回りも刷新しました。

リフォーム・リノベーションの事例|リビング 無垢フローリング カラマツ
床材は足触りのよさとぬくもりのある質感にこだわり、カラマツの無垢材を選びました。
ラーチとも呼ばれるカラマツは、パインと同じマツ科の針葉樹です。

リフォーム・リノベーションの事例|リビングダイニング
これまで大事に使ってきたお気に入りのダイニングテーブルに合わせ、収納カウンターやテーブルも造作。
こちらには、ほんのりと赤みのあるチェリー材を使いました。
それぞれの木の持つ特性を組み合わせるのも、リノベの面白さですね。
No.469 セカンドライフをゆったりと。木の温もりと風光あふれる上質な住まい


【アカシア】独特の濃淡が味わい深いマメ科の樹

リフォーム・リノベーションの事例|リビング
中古マンションをリノベ前提で購入したこちらのお家。
リノベの実例でアカシアの無垢材を使った床がとてもステキだったということで、樹種をご指名されました。

リフォーム・リノベーションの事例|リビング 無垢フローリング アカシア
アカシアは心材(丸太の中心部)と辺材(丸太の外側)で色にはっきりと差があるのが特徴。
そのため、木材に濃淡が出て独特の味わいを生み出します。
見た目だけでなく、硬くて丈夫な木質で優秀な床材でもあります。
No.542 床は大好きなアカシアの無垢材で!


【チーク】古くから船にも使われた世界三大銘木のひとつ

リフォーム・リノベーションの事例|リビング
お子さんが小さいので、足音などが響くのを気にされていたマンションのお部屋。
防音をしっかり行いながら、大好きな自然素材を使いたい、とのことでリノベされました。

リフォーム・リノベーションの事例|リビング 無垢フローリング チーク
床には防音対策を施してから、チーク無垢材を貼りました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング
水や害虫に強く、古くから船の甲板や家具などに使われてきたチーク。
木がゆっくり成長することで、強靭な木質をつくる高級銘木でもあります。
No. 484 マンションの防音対策もしっかり。子どもがのびのび育つ住まい


【ウォルナット】黒っぽい木肌が人気のクルミの木

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングキッチン
娘さんの入学を機に転勤から戻り、入居に合わせてリノベすることになったお家です。
オーナーさんが気に入って床材に選んだのは、ウォルナット。
チーク、マホガニーと並んで世界三大銘木のひとつです。

リフォーム・リノベーションの事例|リビング 無垢フローリング ウォルナット
カウンターキッチンや食品庫の扉もウォルナットで造作し、雰囲気を統一しました。
褐色がかった色と美しい木目が、シンプルなインテリアに奥行きを加えます。
No.275 家族と囲む、明るいキッチン


【クリ】腐りにくく枕木などにも使用された高級木材

リフォーム・リノベーションの事例|リビングダイニング
お祖母さまから譲り受けた築60年の木造住宅にお住まいだったご夫妻。
耐震面の補強をしっかりと実施したうえで、お祖母さまとの想い出を守りながらリノベされました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング 無垢フローリング クリ
床材には、はっきりとした木目で力強い印象のクリ(チェスナット)をセレクト。
硬く耐湿性に優れているクリは、水周りに使うこともできます。
年月を経た家の味わいを、しっかりと受け止めるフローリングですね。
No.220 築60年の風合を新しい型で受け継ぐ


【オーク】ウイスキーの熟成樽としてもおなじみ

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングキッチン
築60年の住まいにひとり暮らしされていたお父さまと同居することにしたご一家。
思い出たっぷりの住まいの良さを残しながら、二世帯が快適に暮らせるお家がご希望でした。

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
和風の佇まいを残したレトロな雰囲気にしたいということから、柱や建具などはそのままに。
床には波線形の優美な木目のオークを選ぶことで、和の雰囲気にも馴染みます。
もともとの色合いは淡いため、濃い目の塗装で既存の味わいに近づけています。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニング
広葉樹であるオークは硬く丈夫なことから、お子さまのいるお家にもぴったり。
耐久性があり塗装によってコーディネートがしやすいため、パインと並んで定番の無垢材です。
No.522 思い出をつなぐ家


【オーク+床暖房】無垢でも、床暖房をあきらめなくていい!

リフォーム・リノベーションの事例|LDK
熱に弱いという特性がある無垢材。
無垢材には設置が難しいと言われてきた床暖房ですが、設置できるものも増えてきました。

リフォーム・リノベーションの事例|ダイニングキッチン
こちらのお家は、オーク3層無垢材を使用。
オークを3層構造にすることで、反りや曲りを軽減し、床暖房にも対応しています。
無垢材の足ざわりと、床暖房のぬくもりのイイとこどりなんてうらやましいですね。
No.485 無垢材と珪藻土の質感が心地よい。光と風がたっぷり届く引戸の暮らし


【まとめ】
インテリアに合わせて、樹種を選ぶのも楽しい無垢材。お部屋の湿気を吸収し、乾燥時は放出するという調湿効果もあります。反面、自然のものなので季節によっては反りがでたり、冬は隙間がひらいたりすることも。このような変化も素材の味のひとつ。そう大らかに受け止めるのが、ひとつの命として生きてきた無垢材との、いい付き合い方かもしれませんね。
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • pinterest